初めての国産ベルガモット

f:id:ideale-misaki:20190419062138j:imageこんにちは!保存食作りのことことやです。

今年も国産のブラッドオレンジを愛知県知多半島からお取り寄せしたのですが、そちらでベルガモットも生産されていると知り、一緒に注文してみました。
f:id:ideale-misaki:20190427154931j:image左がベルガモットで右はブラッドオレンジのタロッコ種です。
ベルガモットの見た目は少し丸めなレモンの様です。鼻を近付けてみると、良い香りが✨。でも思っていたより優しい芳香です。

f:id:ideale-misaki:20190427154907j:image

先ずはコンフィチュール作り。

f:id:ideale-misaki:20190427155201j:image粗塩で擦り洗いをして熱いお湯で洗い流します。完全無農薬ではないですが、通常より農薬を減らしてワックスなども不使用の国産柑橘なので、マーマレード作りが楽しめます。
f:id:ideale-misaki:20190427155649j:image果実に刃を入れた瞬間からベルガモットの強い香りが一気に広がりました✨。皮を一口噛ってみたら、強烈なくらいのベルガモットにやられました😂。。なるほどこれがアロマに使われるベルガモットなんだぁ。
f:id:ideale-misaki:20190427170719j:image皮に苦みがあるので、ブラッドオレンジの時より薄めに切りました。

種は小さくて少しでしたが、まとめてパックに入れて一緒に煮ます。
f:id:ideale-misaki:20190427173154j:image

f:id:ideale-misaki:20190427173757j:image
水を加えて弱火でことこと一時間半ほど煮て休ませます。途中で焦げ付かないように水を加えました。
f:id:ideale-misaki:20190427173253j:image一晩休ませてから、砂糖とレモン果汁を加えて短時間の火入れで仕上げます。

f:id:ideale-misaki:20190430171459j:image仕上がったベルガモットのコンフィチュールは、今まで作ってきた色々な柑橘のマーマレードと比べて香りが強いです。個性的なので好き嫌いは分かれるかもしれませんが、後味が良くてクセになります。

紅茶やお湯に溶かして飲むのも良さそうです😆✨ベルガモットの美味しい食べ方をもっと勉強したいと思います。