初めての干し柿作り

f:id:ideale-misaki:20181009061425j:imageこんにちは!保存食作りのことことやです。

少し秋めいてきたので、前からやってみたかった干し柿作りに挑戦してみました(^^)
f:id:ideale-misaki:20181009061439j:image先月の栗拾いで伺った鈴木園さんは柿も収穫出来るということで、干し柿用の渋柿を予約しました。

柿の種類は平核無柿(ひらたねなしがき)。

何となく干し柿は、寒い時期に干してあるイメージがあったのですが、神奈川県では今の時期が柿の収穫です。鈴木園のお母さんが初めて挑戦するなら、小さめの方が失敗が少ないからと小さめのを30個揃えて用意してくれてそれにおまけで大きめサイズのも6個ほど持たせてもらい、破れそうなリュックを背負いながら(笑)茅ヶ崎から葉山の自宅に戻りました。
f:id:ideale-misaki:20181009061452j:image干し柿作り

先ず柿の枝の部分は干すときに必要なので、それ以外の皮とヘタの硬い部分(出っ張ってる部分だけ)をペティナイフで取っていきます。

一応ピーラーも用意しましたが、使わなくて大丈夫でした。
f:id:ideale-misaki:20181009061511j:imageビニールの紐の両端に柿を一つずつ結びます。柿ってこんなにキュートな果物だったんですね。改めて柿の可愛さに気付きました😲✨。
f:id:ideale-misaki:20181009061522j:imageそれを熱湯の中に5秒ほどくぐらせて干すだけです。焼酎などを霧吹きでかけたりする人もいるみたいですが、今回はこのやり方にしました。
f:id:ideale-misaki:20181009061543j:image最近天気が不安定で心配ですが、とりあえずスタートの3日間は晴れそうなので良かった😌✨。小さめサイズなら今の時期1週間位で出来上がるそう。
f:id:ideale-misaki:20181009061608j:image剥いた皮も天日干ししてみました。
f:id:ideale-misaki:20181009061627j:image夜は夜露に当てるのが心配だったので、家の中に。
f:id:ideale-misaki:20181010062941j:image仕事中も柿のことが気がかりで(笑)、帰ってきて柿の無事な姿を見て一安心😂👍。

毎日天気予報とにらめっこしながら、干し柿を見守りました。


f:id:ideale-misaki:20181012211740j:image干して5日目。渋は完全に抜けて甘くなっていました。中はとろっとして美味しいです。

あと2日干して出来上がりとしました。

f:id:ideale-misaki:20181015204038j:image

1週間でこの仕上がりです✨。

5日目あたりで軽く揉んだものと揉まずに仕上げたものを作りましたが、揉んだほうは表面が黒っぽくなりました。

それだけ熟成が進んだということでしょうか⁉️

ちなみに柿を揉む時は食品用アルコールで消毒をした清潔なニトリル手袋を使用しました。出来る限り菌を付けないこともポイントです。
f:id:ideale-misaki:20181015222518j:image

美味しく出来たので、冬に向けてまた挑戦したいです✨。