杏子のコンフィチュール


f:id:ideale-misaki:20180719064524j:image杏子のコンフィチュールをイタリアの保存食の本を参考にして作ってみました。

先ずは杏子の種を取って、2日程度天日干しにして甘さを引き出します。
f:id:ideale-misaki:20180719064547j:image杏子に砂糖をまぶして一晩おいて果物の水分を出してから水、レモン果皮1片を入れて30分程度煮込みます。
f:id:ideale-misaki:20180719064618j:image果物を天日干ししてからコンフィチュールにするのは初めてでしたが、杏子を干す前のちょっと物足りない味が干した後ではぐっと甘さが増して美味しくなってました。果肉の表面は少し黒っぽくなりましたが、コンフィチュールにしてしまえば気にならない程度です。

今年は梅雨明けが早かったので、天日干しが出来ましたが出来ない時はオーブンで低温乾燥させても良いそう。また来年も作ってみたいです👍