国産のブラッドオレンジを使った春の仕込み・その1


f:id:ideale-misaki:20180428180421j:image
2月の終わりにスーパーで国産のブラッドオレンジを見掛けました。イタリア料理のお店で赤みの強いジュースを飲んで美味しかった記憶はありますが、国産のブラッドオレンジは珍しくて気になりました。f:id:ideale-misaki:20180417175510j:imagef:id:ideale-misaki:20180417175048j:image果肉はまだらに赤いオレンジ色、染み出てきた果汁は真っ赤です。味も濃くて美味しい🤗⤴️⤴️

f:id:ideale-misaki:20180417175118j:image昨年の春はアンチョビの仕込みをしたのですが、沢山作り過ぎて今年は一休みしようと思っていたので、この春は何を作ろうか考えていました…🤔。

よーし❗今年は国産のブラッドオレンジでタルトとマーマレード作りをしよう🤗。

ブラッドオレンジは主に3種類あって、イタリアのモロ種、タロッコ種、スペイン原産のサングイネッロ種があります。国内で作られているのはモロとタロッコなのでその2種類を手に入れました。
f:id:ideale-misaki:20180417175205j:image最初に手にいれたのはロッコ種、パッと見小ぶりの普通のオレンジに見えます。
f:id:ideale-misaki:20180417175231j:image房を取ってみたら気持ち赤みが混じっているのが見えます。果汁はオレンジ色。この時初めて前回スーパーで買ったものがモロ種であることに気付きました。タロッコ種は想像していたよりだいぶ優しい色めです。
f:id:ideale-misaki:20180417175319j:image物によっては果肉がパサパサしてちょっと残念でしたが、味は濃くて美味しかったです😋👍。
f:id:ideale-misaki:20180417185954j:imageこちらはモロ種、皮もまだらに赤いです。
f:id:ideale-misaki:20180426064009j:image
果肉は赤いというより、部分的に赤黒い感じ
f:id:ideale-misaki:20180425064014j:image

果汁を搾ったもの、さすがブラッドオレンジです😂。搾る時に使った木綿さらしは綺麗な紫色に染まりました。
f:id:ideale-misaki:20180425064027j:image
皮を7ミリ角位にして砂糖と果汁で蒸します。蒸してコンフィチュールを作るのは初めてですが、香りを逃さずに仕上がる方法ということで挑戦してみました。
f:id:ideale-misaki:20180429140210j:image
普通のコンフィチュールみたいに煮詰めていないので、オレンジシロップは炭酸で割って飲んでみました。味はオレンジのフレッシュな香りが良くて、美味しいです😋⤴️⤴️。
オランジェット好きの知り合いにプレゼントしたくてマーマレードも仕込みました😌。
f:id:ideale-misaki:20180428174744j:image果実をそのまま水を張った鍋に入れて茹でこぼし、果肉と果皮をそのまま刻んで少量の水、砂糖、仕上げにレモン果汁を搾って作ります。今回は下処理に時間を掛けずに短時間で仕上がる簡単コンフィチュールです。
f:id:ideale-misaki:20180428174756j:image苦味は少し残して、マーマレードの良さを生かしています💕。最後にレモン果汁を加えたおかげで、色がくすまずに綺麗に仕上がりました。