秋の味覚、栗仕込み

f:id:ideale-misaki:20170923123714j:image
こんにちは、ことことやです。

まだ暑さは残っていますが、湿度が下がってだいぶ過ごしやすくなりましたね。

9月から10月は栗の仕込みの時期なので、昨年まではお取り寄せやスーパーなどで購入して楽しんでいたのですが、今年は自分で栗拾いをして仕込みをすることにしました。
f:id:ideale-misaki:20170923124008j:image

茅ヶ崎市にある鈴木園さん、今年青梅をお取り寄せさせて頂いた農園で栗拾いをしてきました。籠とトングはお借りして、手袋と農作業用靴だけを自分で用意して行きました。

下に落ちているイガ栗の中から丸々太った栗だけを取り出して虫食いがないか1つ1つ確認をして籠に入れていきます。
f:id:ideale-misaki:20170923123918j:image

上の写真はまだ木になっている状態、もうすぐ落ちそうです(^_^)
f:id:ideale-misaki:20170923123842j:image

3㎏欲しかったのですが、これで2,2㎏でした。1キロ1000円なのでかなりお安いです。
f:id:ideale-misaki:20170923202637j:image

家に帰ってから虫食いなどを再度確認しながら大・中・小に振り分けていきます。数を数えたら105個もありました、なのに虫食いはたった1つだけ。鈴木園の方が洗ってチェックしてくれたおかげです(*^^*)
f:id:ideale-misaki:20170924121545j:image渋皮煮には大きめの栗を使います。先ず一晩ぬるま湯につけて皮を柔らかくします。
f:id:ideale-misaki:20170926064221j:image渋皮を傷つけないように丁寧に剥いていきますが、傷付けてしまったものは栗ご飯にします(^.^)
f:id:ideale-misaki:20170926064715j:image1度目は重曹を入れて茹でこぼし、1つ1つ洗いながら渋皮の筋などを取っていきます。
f:id:ideale-misaki:20170926065054j:imageその後は水から沸かして茹でこぼし・洗う作業を3回繰り返します。
f:id:ideale-misaki:20170926065135j:imageそれが終わったら水と砂糖を加えて煮て一晩置きます。
f:id:ideale-misaki:20170926100016j:image

次の日に栗をシロップから取り出して並べた状態。
f:id:ideale-misaki:20170926164113j:imageシロップに砂糖とブランデーを加えて煮詰め、そのシロップをかけて出来上がりです(*^^*)。自画自賛ですが、今年は1番美しく美味しく出来ました。
栗の渋皮煮は時間も手間も掛かりますが、今年もすっごく楽しい仕込みでした~。あと残った栗で栗ご飯、マロンペースト、煮物を作ります🎵。