淡路島産新玉ねぎのヴルーテ

f:id:ideale-misaki:20170517064057j:image毎年5月頃に淡路島産の新玉ねぎを取り寄せてペーストを作ります(^-^)。

このレシピは辰巳芳子さんという私が最も尊敬している料理研究家の先生の本に載っていたもので、味噌作りを始めたころから毎年作り続けています。

f:id:ideale-misaki:20170517064114j:image先ずは玉ねぎをみじん切りにします。今回は大玉3個使用しました。新玉ねぎは比較的目が痛くなりにくいので、今回は泣かずに作業出来ましたが、通常の玉ねぎだったら大変ですね(T_T)。

玉ねぎをオリーブオイルで蒸らし炒めをして白ワイン、チキンブイヨン、ローリエで煮てペースト状になるまで煮詰めていきます。今回は火にかけてから1時間半くらいで仕上がりました。
f:id:ideale-misaki:20170517103542j:image

ヴルーテというのはフランス語でビロードのことみたいです。その言葉をイメージして丁寧に煮詰めていきます👍。
f:id:ideale-misaki:20170517172034j:image清潔な氷を作る容器に流し入れて、ある程度熱が冷めたら冷凍庫に入れ固めます。固めたものはジップロックなどに移し替えて保存して、料理に使います。スープ類や煮込み料理などコクを出したい時にこれがあるととっても重宝しますよ(*^-^*)👍。