アンチョビ仕込み


f:id:ideale-misaki:20170415171140j:image

今年一番挑戦してみたかった自家製アンチョビを仕込んでみました(^_^)v。

3月後半から4月初旬くらいのシコイワシが大きめでやりやすいとアンチョビ作りの先生から教えてもらったので、ここ3週間くらい近所の魚屋さんに入荷の確認をしていたのですが、なかなか入荷しなくて…(;_;)スタンバイだけしてずっと待っていました。

それがやっと入荷してその日に水揚げされたシコイワシを4キロ手に入れることが出来ました(^o^)。

先生からアンチョビの仕込みは最低でも4~5キロでやってほしいと言われていたので、一人で挑戦する自信はなかったのですが、仕込み自体は面白く色々な国のアンチョビを4種類食べ比べた中でも一番クセがなく美味しかったので頑張ってみることにしました。


f:id:ideale-misaki:20170412185537j:image

簡単に説明するとシコイワシの鱗を取ったら頭と内臓を落とし塩漬けするだけなんですが、身が崩れやすいので優しくそして鮮度が落ちやすいので、手早く作業していきます。
f:id:ideale-misaki:20170412185633j:image

これは塩漬けが終った後、重石を乗せて1日経ったもので、この状態で4ヶ月熟成させます。熟成後の仕上げ作業はすごーく大変なのですが、美味しいアンチョビの為頑張ります(^o^)。