駒沢オリンピック公園の梅


f:id:ideale-misaki:20180219210338j:image
初めて駒沢オリンピック公園に寄ってみました。こんな広~い公園だったんですね✨。犬の散歩をしている人やスケボーをしている男の子たち、裸足で走り回っている子供や日向ぼっこをしておしゃべりをしているおじいさんとおばあさんまでみんな気持ち良さそうでした😆✨。
f:id:ideale-misaki:20180219175629j:image
梅の花が咲いていて綺麗でした🤗💕。


f:id:ideale-misaki:20180219180124j:imageいつも鎌倉の畑でお世話になっているオーナーが教えてくれた野菜のカフェ、Mr.FARMERというお店。お腹はあまり空いてなかったのですが、せっかくなんでカリカリポテト・トリュフ風味とオーガニックアガベカフェラテを頼んで、オープンテラスでのんびりしてきました😋。
f:id:ideale-misaki:20180219181106j:image
お日さまが当たっていたので、2月なのに暖かくとっても気持ち良かったです。

f:id:ideale-misaki:20180219181620j:image

春が近づいているのを感じる楽しいお散歩でした🌸。

今年出来上がりのお味噌たち

今年も美味しいお味噌が出来ました😆。
f:id:ideale-misaki:20180212202028j:image
⬇️さといらずという名の大豆を使った米味噌
f:id:ideale-misaki:20180212000134j:image

⬇️黒大豆を使った米味噌
f:id:ideale-misaki:20180212000212j:image⬇️黒く見えるのは黒大豆の皮です。カビじゃないですよ~
f:id:ideale-misaki:20180212100404j:image⬇️2年寝かして作った豆味噌
f:id:ideale-misaki:20180212000226j:image上の部分は豆の形がしっかり残っていますが、ヘラで簡単に潰れました。下の方が赤く豆の形がだいぶなくなってました。それをしっかり混ぜ合わせて清潔な容器に入れます。
f:id:ideale-misaki:20180212095401j:image初めて作った豆味噌が想像以上に美味しかったです😋👍毎年楽しみにしてくれている両親やお友達にもお裾分けして、私も自家製味噌を使って沢山お料理しようと思います🤗✨。

初めてのひよこ豆お味噌作り

昔からお味噌は寒仕込みと言われますが、一年で最も寒いこの時期は雑菌も繁殖しにくく、発酵もじっくり緩やかに進むため美味しいお味噌を作るのに一番良い時期なんです。

私は時間を掛けて作るお味噌が大好きなので、この寒仕込みの時期は毎年楽しい気持ちになります✨。

今回は前から気になっていたひよこ豆の味噌を仕込みます。

f:id:ideale-misaki:20180205221535j:image
⬆️1日浸水させたひよこ豆を茹でます

f:id:ideale-misaki:20180204204447j:image⬆️自然栽培の白米麹と塩を混ぜておいて(塩きり麹と呼びます)
f:id:ideale-misaki:20180204204519j:image⬆️3時間茹でたひよこ豆をすりつぶして(大豆以上に柔らかく茹で上がりました)
f:id:ideale-misaki:20180204204538j:image

⬆️塩きり麹とひよこ豆をしっかり混ぜ合わせて清潔な保存容器に入れます。大豆のお味噌と違って重石はいらないそうなので、今回は入れてません。
f:id:ideale-misaki:20180204204626j:image大豆を使ったお味噌とどんな風に違うのか、どんなお料理に合わせられるのか、出来上がった来年は色々勉強になりそうです🤔⤴️⤴️。

鎌倉の畑・2018年1月

f:id:ideale-misaki:20180204145034j:image鎌倉でイタリアンのお店を経営されているオーナーさんの畑で昨年から少しだけお手伝いをさせて貰っています。そこは600坪の広い畑で色々な野菜を育てていて、毎週通うのが楽しみなんです🎵

f:id:ideale-misaki:20180211022522j:image
お天気の時は畑から富士山が見えます✨。

f:id:ideale-misaki:20180204144843j:image

こちらはブロッコリーです。メインの花蕾を収穫した後も次々とわき芽が出てくるタイプで、そちらもとっても美味しいです💕。
f:id:ideale-misaki:20180204144911j:image紫色のカリフラワー
f:id:ideale-misaki:20180204153122j:image

カリフラワー

f:id:ideale-misaki:20180204144939j:image最近はスーパーでも見掛けるようになったロマネスコ
f:id:ideale-misaki:20180204144957j:image芽キャベツ、愛らしい姿です

f:id:ideale-misaki:20180204145203j:image

他にも収穫出来るものは、ルッコラからし菜、わさび菜、イタリアンパセリラディッシュ、人参、オータムポエム、菜の花、カーヴォロネーロ、あやめ雪かぶなどがあります。

今年はあまりに寒くて特に葉物の生育が悪いそうです。でもじっくり時間を掛けて成長している分、野菜の味は凝縮されて美味しいです😋👍。
f:id:ideale-misaki:20180204154610j:image

また今年もお世話になります🤗✨。

初挑戦の干し芋

f:id:ideale-misaki:20180131181810j:image年末に職場の女性たち9人で13㎏もの美味しい干しいもを購入して(笑)、食べまくっていたらハマってしまい自分で作ってみることにしました😆。

紅はるかというしっとり系の美味しいお芋を手に入れて、1時間蒸してから皮をむいてスライスして干しかごで干します。今の時期は朝晩が冷えすぎてしまうので、昼間だけ外に干します。
⬇️スライスした状態、干す前f:id:ideale-misaki:20180131181832j:image

2日~3日目あたりで干しいもらしくなってきて、小さいものは周りが乾燥してきました。

⬇️こちらは4日干したもの。だいぶ縮まり、まわりが固くなってきたのでここでストップしました。市販されているものと違って周りの部分はすこし固いですが、中心は良い感じです。自然な甘さが美味しいです😋👍。
f:id:ideale-misaki:20180131181855j:image手軽に作れるので、この冬はより美味しい干しいもを目指してまた挑戦してみようと思います😂。
f:id:ideale-misaki:20180131213122j:image⬆️大活躍の干しかご

3年ぶりの麦味噌仕込み

こんにちは、ことことやです。

今年は早くも雪が降ったり寒い日が続いていますが、私が保存食作りに目覚めるきっかけになったことことやの原点味噌の仕込みの季節がやってきました。
f:id:ideale-misaki:20180128230011j:image先ずは第一弾の麦味噌です。今年は山形県産の秘伝豆という大豆を使用しました。秘伝豆は大粒でとても甘い美味しい大豆なので、いつかお味噌作りに使ってみたいなと思っていました。
先ずは大豆を18時間ほど浸水させます。
f:id:ideale-misaki:20180128230058j:image

⬆️大豆がしっかり水を吸い上げて芯が残ってないことを確認してから火にかけます。沸いたら弱火で3時間半茹でます。
⬇️その間に塩と麦麹を混ぜ合わせておきます。f:id:ideale-misaki:20180128230122j:image

⬇️柔らかく茹で上がった大豆をざるにあげてあら熱を取ります。
f:id:ideale-misaki:20180128230144j:image

⬇️そのまだ温かい大豆をポリ袋に入れて空き瓶で潰します。
f:id:ideale-misaki:20180128230159j:image

⬇️すりつぶした大豆と合わせておいた麹と塩を全て合わせます。今回は麦麹が水分を吸うせいか少し固い気がしたので、大豆の煮汁を少しだけ混ぜ込みました。

仕込んだ味噌種を清潔な保存容器に移したら仕込みは終了です😌。
f:id:ideale-misaki:20180128230220j:image

本当は塩を少しだけ残しておいて最後に仕込んだ味噌の表面にかけるのですが、忘れていたことに今気付きました😂。

表面のカビが少し増えるかもしれませんが、簡単に取り除くことができるので大丈夫です。
f:id:ideale-misaki:20180128230238j:image
この後来週にかけて、豆味噌、ひよこ豆の味噌を仕込み予定です。お味噌の寒仕込みまだまだ続きますので、今年も楽しみたいと思います🤗。

やっぱり橙ポン酢


f:id:ideale-misaki:20180108134048j:image前回柚子を使ってポン酢を作り美味しくいただいたのですが、年末八百屋さんに橙が売られているのを見ていたらやっぱりこの冬も橙ポン酢作りたくなりました🎵
f:id:ideale-misaki:20180108145026j:image

私も最近知ったのですが、橙の果実は成熟しても落ちにくく収穫をしなければ次の年も新しい実と一緒に木になるため、子孫が代々繁栄する縁起物としてだいだいという名が付けられてお正月飾りに使われるようになったそうです。何年も木になったままの柑橘なんてあるんですね👍。
f:id:ideale-misaki:20180108145042j:image

⬇️今回はみりんも加えて、利尻昆布と鰹節をティーパックに入れたものも入れます。
f:id:ideale-misaki:20180108145108j:image
f:id:ideale-misaki:20180108224706j:image一週間くらいしたら昆布と鰹節は出して、味を落ち着かせるまで待ちます(^-^)/3ヶ月くらいしてからが美味しいという人もいるみたいですが、今回は1本しか作れなかったからそんなに待てそうにありません(>_<)。

でも2年前に仕込んだ麦味噌を食べたらまろやかになって美味しさが増していたので、ポン酢もまろやかになって美味しくなる可能性大ですね(^.^)。。