赤紫蘇ジュース(6月29日仕込み)

今年も私が大好きな赤紫蘇ジュースを作りました。
f:id:ideale-misaki:20170704063939j:image
京都の大原で作られた赤紫蘇が素晴らしいと聞き、昨年に続き今年も取り寄せました(*^-^*)。

この上の写真で1,5㎏程で、枝から葉をちぎって外します。この量だと仕込みが2回戦出来ます(^^)。
f:id:ideale-misaki:20170704063847j:image赤紫蘇ジュースに使用する材料は、赤紫蘇、青紫蘇少量、砂糖、レモン果汁orクエン酸です。昨年はレモン果汁とお酢の2種類を作りどちらも美味しかったのですが、私はお酢の飲み物が苦手だったみたいで(-.-)全部飲みきれなくて、今年はお酢に代わりクエン酸でやってみました。
f:id:ideale-misaki:20170704063906j:image

左側の2本はクエン酸で仕込んだもの、右側2本はレモン果汁で仕込んだものです。

今年は青紫蘇で爽やかな香りを足し、紫蘇を煮出す時間を1分以内にして紫蘇のえぐみを出さない大原千鶴さんのレシピを参考にさせてもらいました。

今年の赤紫蘇ジュースは凄く美味しく出来ましたよ(^-^)!!

 

初の梅肉エキス

こんにちは、保存食作りのことことやです。

f:id:ideale-misaki:20170619172547j:image
6月に入り青梅が八百屋さんに並び始めましたので、茅ヶ崎にある鈴木園さんから南高梅を取り寄せました。

今回は初めての梅肉エキスと煮梅を作ります(^-^)。

梅肉エキスは2㎏の青梅を良く洗いセラミックのすりおろし器で、ひたすら擦ります。

f:id:ideale-misaki:20170619172747j:image
それを熱湯を通したさらしふきんでしっかり絞り、果汁だけを鍋に入れて、弱火で煮立たせてじっくり煮詰めていきます。

f:id:ideale-misaki:20170619172821j:image
最初は緑色なんですが、煮詰めるにつれて茶色くなり仕上がりは艶のある黒っぽい色になります。
f:id:ideale-misaki:20170619172400j:image
今回は2㎏の青梅を使いましたが、出来上がりは100gもないくらいです。

ちょっぴり舐めてみましたが、1滴でも超~すっぱいです(*_*)。

f:id:ideale-misaki:20170619172456j:image

消化器感染症の予防&夏バテ予防にも良いとされる梅肉エキス出来ました(^^)。

こちらは常温で何年でも保存出来るので、重宝しそうです!

実山椒


f:id:ideale-misaki:20170524061925j:image

こんにちは、ことことやです。

今年も和歌山から青実山椒が届きました

届いたばかりの新鮮なうちに早く下処理をしたかったので、仕事から帰ってきて夕ごはんとお風呂を済ませてから、取り掛かりました。

実山椒は良く洗ってふつふつしない程度の火加減で、実が指で潰れるくらいまで茹でます。それを冷水に取り1時間くらい浸け、途中何度か水を変えます。

その後ザルにあげた実山椒の粒を房から外していきます。実山椒は刺激が強いので、薄手のゴム手袋をして作業するのがオススメです(-.-)。

昨年は房外しを初めてやってみて結構時間が掛かったので、今年は実についた軸を神経質に取らずおおらかにやってみましたが、やっぱり1時間半近く掛かりました(笑)。


f:id:ideale-misaki:20170524064146j:imageそれを小分けしてフリーザーバッグに入れて冷凍庫で保存して一年位かけて使用します。

今年は料理のレパートリーをもっと増やして実山椒を楽しみたいです(^o^)

淡路島産新玉ねぎのヴルーテ

f:id:ideale-misaki:20170517064057j:image毎年5月頃に淡路島産の新玉ねぎを取り寄せてペーストを作ります(^-^)。

このレシピは辰巳芳子さんという私が最も尊敬している料理研究家の先生の本に載っていたもので、味噌作りを始めたころから毎年作り続けています。

f:id:ideale-misaki:20170517064114j:image先ずは玉ねぎをみじん切りにします。今回は大玉3個使用しました。新玉ねぎは比較的目が痛くなりにくいので、今回は泣かずに作業出来ましたが、通常の玉ねぎだったら大変ですね(T_T)。

玉ねぎをオリーブオイルで蒸らし炒めをして白ワイン、チキンブイヨン、ローリエで煮てペースト状になるまで煮詰めていきます。今回は火にかけてから1時間半くらいで仕上がりました。
f:id:ideale-misaki:20170517103542j:image

ヴルーテというのはフランス語でビロードのことみたいです。その言葉をイメージして丁寧に煮詰めていきます👍。
f:id:ideale-misaki:20170517172034j:image清潔な氷を作る容器に流し入れて、ある程度熱が冷めたら冷凍庫に入れ固めます。固めたものはジップロックなどに移し替えて保存して、料理に使います。スープ類や煮込み料理などコクを出したい時にこれがあるととっても重宝しますよ(*^-^*)👍。

新緑の仕込み、イタリアンパセリのエスカルゴバターとクレソンポタージュ

新緑の鮮やかな季節になりましたね✨。

畑で収穫したイタリアンパセリをいただいたタイミングで畑仲間の料理人の方からエスカルゴバターの作り方を教えて貰いました(^-^)。

f:id:ideale-misaki:20170510064240j:image

材料をすべて合わせたら冷凍庫で保存し、使う分だけカットします。
f:id:ideale-misaki:20170510064257j:imageマッシュルームに乗せて焼いたり、鶏肉や魚介類にも合うみたいで色々なレシピを試すのが楽しみです(*^-^*)

 

先日湘南国際村に行った時に野菜の直売があり、新鮮で美味しそうなクレソンと新玉ねぎと出会いました。
f:id:ideale-misaki:20170510173653j:imageクレソンは2袋で250g入っていて価格は300円でした。超安くてしかも採れたて、嬉しすぎる(^o^)。

早速クレソンのポタージュを作りました‼
f:id:ideale-misaki:20170510064326j:image
クレソン独特のクセのある味が苦手な人でもこのポタージュスープならきっと大丈夫👍
クレソンは血液をきれいにする効能があるそうですよ。
f:id:ideale-misaki:20170510064529j:image







カモミール

イタリアほうれん草を収穫させてもらった鎌倉の畑でカモミールのお花が咲き始めました。空に向かって咲く姿がとってもチャーミングで甘い良い香りが素敵です(*^-^*)。
f:id:ideale-misaki:20170503075411j:image
今回は夏野菜を定植させる畑仕事をお手伝いしたりして、カモミールを少しわけて頂きました。

カモミールを洗ってペーパーにのせ、余分な水分をとってから干しかごに入れて風通しの良い場所に吊るしておきます。
f:id:ideale-misaki:20170503075329j:image

左下がその状態で5日程乾燥させたものです。あと少し乾燥させて保存します。

f:id:ideale-misaki:20170505194311j:image

今の時期はフレッシュなハーブティーで飲むのが最高ですが、乾燥させたら保存が出来ていつでも飲めるので余ったものは乾燥させて大切に保存します🎵。

イタリアの保存食レシピにカモミールのジュレが載っていたので近いうちに挑戦してみようと思います(^_^)v

苺の収穫

こんにちは、ことことやです。

去年から小さな畑を借りて週末だけ通い、野菜を育てています😊☀。

去年の10月に植えた苺の苗
f:id:ideale-misaki:20170503144640j:image

可愛い白い花が咲いてもしばらくは摘んで春まで待ちます
f:id:ideale-misaki:20170503145454j:image
4月に入って実を付け始めました。

今の時期は黒のマルチに苺が触れると果肉が溶けてしまうので苗のポットを切って下に敷いてあげます
f:id:ideale-misaki:20170503144723j:image
初の収穫(^o^)
f:id:ideale-misaki:20170503144358j:image

たった3粒ですが、可愛いし嬉しいものですね(*^-^*)。