赤紫蘇ジュース・6月30日仕込み

f:id:ideale-misaki:20190715200909j:image毎年恒例の赤紫蘇ジュース作りです。
f:id:ideale-misaki:20190715200926j:image今年は京都大原の赤紫蘇を梅干し作りにも使います。2キロの赤紫蘇をお取り寄せしました。
f:id:ideale-misaki:20190715200948j:image紫蘇の葉をひたすら摘み取ります。
f:id:ideale-misaki:20190715201014j:image
f:id:ideale-misaki:20190715201027j:imageちょうど仕込みのタイミングで鎌倉の農家さんから青紫蘇を買うことが出来たので、ラッキーでした。
f:id:ideale-misaki:20190715201955j:image青紫蘇は赤紫蘇ジュースに爽やかな香りをつけてくれます✨。
f:id:ideale-misaki:20190715201043j:image
f:id:ideale-misaki:20190715201102j:image

f:id:ideale-misaki:20190715201137j:image今年は自宅用と職場用と畑の仲間と飲むように3本分出来ました😆👍✨。
f:id:ideale-misaki:20190715201200j:image炭酸で割って飲むのが最高です✨。

梅仕事2~初めての梅干し作り~

f:id:ideale-misaki:20190627062559j:image南高梅2キロを使って梅干し作りをしました。完熟の状態で届いたので、その日のうちに梅ジャム作りと梅干し用の梅を一晩水に浸けました。
次の日は仕事に行く前に仕込みを終わらせたかったので、朝4時過ぎには起きてせっせと梅仕事です。
f:id:ideale-misaki:20190627062638j:image梅の水気を拭き取って焼酎をくぐらせ塩をまぶしてほうろうの容器に詰めていきます。
f:id:ideale-misaki:20190627062648j:image塩をまぶした姿が何とも素敵ですね✨。
f:id:ideale-misaki:20190704203915j:image4日後には梅酢が上がっていました。本当は梅酢がもう少し上がった方が良いのかなと思ったのですが、赤紫蘇の鮮度も考えてこのタイミングで赤紫蘇を漬けました。
f:id:ideale-misaki:20190704203929j:imageあら塩で2回もみ洗いします。
f:id:ideale-misaki:20190704203941j:image小分けにして絞った赤紫蘇を梅酢でほぐして梅の上にのせます。
f:id:ideale-misaki:20190704203953j:imageとっても良い香りの白梅酢を1カップほど別に使いたくて取っておいたのですが、全体的に梅酢が少なかったのが不安になり、2日後に梅干し容器の中に戻して梅酢の水位を上げました。
f:id:ideale-misaki:20190704204018j:image後は梅雨が明けるのを待ちます。

昨年引っ越しをして外に野菜を干せる環境になったことで、新たな仕込みに挑戦出来るようになって本当に良かった🤗✨。

梅干しの天日干しも楽しみです☀️。

国産のサワーチェリーシロップ煮

f:id:ideale-misaki:20190630081309j:image長野県小布施町から届いたサワーチェリー。昨年はこの時期にこちらの果樹園から杏子をお取り寄せしましたが、今年はサワーチェリーの仕込みに挑戦してみました。
f:id:ideale-misaki:20190630081446j:imageサワーチェリー初めてでしたが、真っ赤で美しいです😲✨。
f:id:ideale-misaki:20190630081505j:imageサワーチェリーは熱を加えて美味しくなるさくらんぼです。
f:id:ideale-misaki:20190630081526j:image6~7年前に買ったのに、1度も出番がなかった種取り機。やっと日の目を見ることが出来ました😂。
f:id:ideale-misaki:20190630081541j:image種取りした後もきれいです😍。
f:id:ideale-misaki:20190630081613j:image種取りしたものを計って、7割の砂糖を入れて煮ます。
f:id:ideale-misaki:20190630081627j:image
f:id:ideale-misaki:20190630081648j:image
f:id:ideale-misaki:20190630081713j:image途中アクを取り除いて比較的短時間で仕上げます。
f:id:ideale-misaki:20190630081724j:imageサワーチェリーから水分がたっぷり出たので、コンフィチュールというよりシロップ煮です。
f:id:ideale-misaki:20190630081750j:imageいっぱい作ったので、色々楽しめそうです。とろみをつけてチェリーパイに挑戦してみようかな。
f:id:ideale-misaki:20190630081802j:image
f:id:ideale-misaki:20190701173604j:image

さくらんぼつながりで、先日贈り物でいただいた佐藤錦も美味しかったです。

国産のさくらんぼに楽しませてもらった6月でした🍒✨。
f:id:ideale-misaki:20190702205432j:image

梅仕事1~完熟梅を使った梅ジャム~

f:id:ideale-misaki:20190627062035j:image
梅ジャム作りf:id:ideale-misaki:20190627062103j:image完熟梅1キロ
f:id:ideale-misaki:20190627062140j:imageヘタを取り、梅がかぶるくらいの水を張って沸かします。
f:id:ideale-misaki:20190627062153j:image途中アクを取りながら弱火で煮ます。
f:id:ideale-misaki:20190627062213j:image火を止め手で触れる位まで冷まします。
f:id:ideale-misaki:20190627062223j:image
f:id:ideale-misaki:20190627062233j:image
f:id:ideale-misaki:20190627062241j:image水からあげて
f:id:ideale-misaki:20190627062252j:image梅を手で握ると種が簡単に取れます。
f:id:ideale-misaki:20190627062303j:imageこの段階で果肉の重量を計ります。それに対し65%のお砂糖を入れます。私のコンフィチュール作りはお砂糖40~50%位が多いですが、梅は酸味がかなり強いので多くなります。
f:id:ideale-misaki:20190627062314j:image
f:id:ideale-misaki:20190627062329j:imageあとは焦げつかないよう、途中ゴムベラで底から混ぜて煮詰めます。
f:id:ideale-misaki:20190627062340j:image仕上がり
f:id:ideale-misaki:20190630075811j:imageどうでも良い話ですが、梅のコンフィチュールじゃなくて梅ジャムと呼びたくなってしまうのは私だけでしょうか😂?

完熟の南高梅ジャム出来上がりました🎵

新じゃが収穫、キタアカリから~

f:id:ideale-misaki:20190608125248j:image鎌倉の畑では先週まででじゃがいもの収穫が全部終わりました。

今年はきたあかり、アンデスレッド、初挑戦のピルカを育てました。
f:id:ideale-misaki:20190608125305j:image
f:id:ideale-misaki:20190608175801j:image収穫前にはこんな可愛いお花が咲きます。
f:id:ideale-misaki:20190625065256j:image
f:id:ideale-misaki:20190625064722j:image右上からアンデスレッド、右下きたあかり、左の3つがピルカです。
f:id:ideale-misaki:20190626182646j:image食べ比べが楽しみです😊🎵。

f:id:ideale-misaki:20190626182813j:image先日イタリアンのお料理教室で教わったじゃがいもとキャベツの和え物。たっぷりのオリーブオイルでニンニク、玉ねぎ、自家製パンチェッタを熱してじっくり旨みを引き出してそれぞれに茹でておいたじゃがいも、キャベツを和えたもの。味付けは唐辛子と塩のみ。とってもシンプルで美味しいイタリアの家庭料理です。

自家製パンチェッタも活躍できてお気に入りのレシピになりました🤗✨。

2種類のらっきょう作り

f:id:ideale-misaki:20190617172141j:image
週末はお料理教室へ行き、らっきょう教室に参加してきました。らっきょうは何年か自分でやってみましたが、本漬けする前に塩漬けする方法など様々なやり方があって、何が良いのか迷いがあったので、1年に100キロ以上漬けるというらっきょう漬けの強者、たくまたまえさんのお料理教室に参加してきました。

たくまたまえさんは色々な保存食作りをされている方で、大好きな料理研究家の先生です😆✨。

先生の作り方は塩漬けしないで直接甘酢に漬けます。今まで何週間も塩漬けしたり手間が掛かっていたので、これが今までのより美味しければ断然こちらの方が良いです。出来上がりが楽しみです。
お料理教室で鳥取から送られてきたばかりの新鮮ならっきょうも購入出来たので、500g買って家でも仕込みました。

甘酢漬けはお料理教室で作ったので、自宅ではらっきょうの味噌漬けに挑戦してみました。
f:id:ideale-misaki:20190617062614j:image先生に教わったよう、あまりもったいぶらずに艶々になるまでしっかりめに剥きます。この見極めがけっこう難しかったですが、美味しいらっきょう作りのポイントです。
f:id:ideale-misaki:20190617062630j:imageこちらは大原千鶴さんのレシピを参考にして、1時間の塩漬け、10秒の加熱処理をしました。
f:id:ideale-misaki:20190617062650j:imageザルに広げて冷まします。
f:id:ideale-misaki:20190617062708j:image自家製米味噌、砂糖、みりんを混ぜ合わせたものにらっきょうを合わせます。
f:id:ideale-misaki:20190617062741j:image
f:id:ideale-misaki:20190617062805j:image何だかこのままでも美味しそう😲👍。
f:id:ideale-misaki:20190617062817j:imageあとは寝かすだけ。漬けて1週間から食べられるので、すぐに楽しめそうです❣️

トマト醤~自家製豆板醤を使って~

f:id:ideale-misaki:20190609220026j:imageこんにちは!保存食作りのことことやです。

暑くなったり涼しくなったり、気温の変化に身体が付いていかず体調を崩しやすい時期ですね💦

元気が出るように夏に向けて美味しい調味料を手作りしました。いつも仲良くさせてもらっているお姉さんから昨年レシピを教えて頂いて、作ってみたら凄く美味しかったので、また今年も作りました❣️
f:id:ideale-misaki:20190609220039j:imageトマトは湯剥きせずざく切りで。
f:id:ideale-misaki:20190610172049j:image昨年そら豆で作った自家製豆板醤を使います。市販の豆板醤に比べると辛さがマイルドです。
f:id:ideale-misaki:20190609220050j:imageにんにくを油で炒めて、トマト、豆板醤、醤油、黒酢、で煮詰めて出来上がり。
f:id:ideale-misaki:20190609220103j:image炒めものの調味料としてや、お豆腐や野菜にそのままのせて食べるのも美味しいとレシピにありました。

私は冷やし中華とか、ぶっかけうどんにものせて旨辛のトマト醤を楽しみました。

たくさん作ったので、小分けして冷凍庫に。f:id:ideale-misaki:20190609220112j:image自家製豆板醤が効いているトマト醤。クセになりそうです😂。