無農薬の青柚子でゆず胡椒作り

f:id:ideale-misaki:20180919061728j:image今年は2年ぶりにゆず胡椒を作りました✨。

柚子は静岡県川根本町の無農薬のお茶を作っている農家さんの柚子を使いました。寒暖差の大きい630mの山あいで育った自然栽培の柚子です。
f:id:ideale-misaki:20180919061809j:image青唐辛子と青柚子が両方手に入るのは9月なので、前回もこの季節に仕込みをしました。
f:id:ideale-misaki:20180919061853j:image青唐辛子はヘタと種を取り除きます。この仕込みは青唐辛子がヒリヒリ痛くなるので、手袋とマスクが必須です。前回はゴーグルまでしましたが(笑)、今回はゴーグルなしで挑戦です。
f:id:ideale-misaki:20180919061905j:image青柚子は11個の皮をすりおろし、青唐辛子は包丁で細かくみじん切りに。柚子と青唐辛子は同量にして合わせた量の2割程の塩を加えます。

塩分は控えても美味しく出来ますが、日持ちがしなくなるので保存がきくタイプのを作ります。
f:id:ideale-misaki:20180919061923j:imageあとはすり鉢でよく擦って仕上げます。
作っている間中、柚子の爽やかな香りがして良い気分です😆✨。

これで清潔な容器に小分けして移せば冷蔵庫で1年は持ちますよ。

お鍋やお肉を焼いたものに添えたら美味しいですね😋。この冬は柚子こしょう活躍してくれそうです🎵

心機一転とドローン

f:id:ideale-misaki:20180910065020j:image
9月に入ってから葉山へ引っ越しをしました。

逗子で12年暮らしてきましたが、ことことやの食作りをもっと深められる環境を求める気持ちが日増しに高まり、インスピレーションを感じる物件に出会えたので葉山で暮らすことにしました😌。

前の家は駅近くでとっても便利でしたが、ガス一口の狭いキッチンで、気が付いたら電子レンジなし、炊飯ジャーなしの生活を選んでいて、時間の掛かる仕込みやご飯炊き、パンの発酵まで一口のガスでまかなっていました。おかげで色々な物を同時に仕上げられる蒸し器の素晴らしさを知る事が出来ましたが、ようやく二口&魚焼きグリルを手に入れました😂。

12年も居ると荷物が増えすぎて、引っ越す前にだいぶ処分したつもりが、引っ越した後でも荷物が収まりきらず、片付けがなかなか終わりません😨。

でもせっかくの日曜日の朝は早く起きて、近くのコンビニでコーヒーを買い葉山の海を眺めてきました。
f:id:ideale-misaki:20180910065146j:image


そうしたら偶然に海仲間の方とばったり会って、ドローンを見せてもらいました。今は小型サイズもあって性能も素晴らしいみたいです。

その方はプロのカメラマンなのでドローンも上手く使いこなしていました😲。
f:id:ideale-misaki:20180910065245j:imageこの小型のドローンはリモコンがなくても人の動きを読み取って動くんです。人や物にぶつからないように自動で感知して停止したりなかなか優秀です👍。
f:id:ideale-misaki:20180910065506j:imageこのドローンの持ち主は、私の父と変わらない位の年齢の方ですが、新しいドローンを嬉しそうに詳しく説明して下さる姿は少年の様で、何だか素敵でした✨。

私もその方を見習っていくつになっても好きなことにワクワクしていられるように、心を柔軟にしていたいなぁと思います😌。

鎌倉の畑・2018年7月

f:id:ideale-misaki:20180808105629j:image6月は母親が体調を崩して週末は実家へ帰っていたので、畑はしばらくお休みしていましたが、7月から畑のお手伝い復活しました❗

夏野菜たち、トマト、茄子4種、パプリカ、こどもピーマン、万願寺とうがらしなども順調に育ってます✨。
f:id:ideale-misaki:20180808110503j:image長ナス
f:id:ideale-misaki:20180808110600j:imageマーボー茄子

f:id:ideale-misaki:20180808110544j:image緑茄子は今年初めて作りましたが、思った以上にアクが強いので、アク抜きをしっかりすれば美味しく食べられるみたい
f:id:ideale-misaki:20180808110620j:image今年はパプリカの生育が良いとオーナーが喜んでました。
f:id:ideale-misaki:20180808110641j:imageローズマリーの周りの雑草が凄かったので、日が当たるように雑草を刈りました。
f:id:ideale-misaki:20180808110713j:imageバジルも台風の時の雨でわぁーっと生育が進み、沢山収穫です。これくらいの若いうちに切り戻して、柔らかい葉を保つのが美味しいバジルを収穫出来るこつ
f:id:ideale-misaki:20180808110733j:imageアスパラの周りの雑草も取り除きました
f:id:ideale-misaki:20180808110801j:image人参は梅雨の雨に当てて発芽させたかったのですが、梅雨明けがあまりに早く発芽率が低かったです。人参はまだ弱々しくて、雑草と一緒に抜けそうになってしまうので、気を付けながらの作業です。

f:id:ideale-misaki:20180812224348j:image暑い日が続いていたので、オーナーが用意してくれたパラソルの下で休憩を取りながら無理をせず、作業を進めました。

畑のバジル

f:id:ideale-misaki:20180801215605j:image鎌倉の畑でバジルをたくさん切り戻して収穫をしました。
f:id:ideale-misaki:20180801215617j:image私も分けて頂いたので早速ジェノベーゼ作りです。
f:id:ideale-misaki:20180801215628j:imageバジルの色を悪くさせないために一度サッと湯通しして水冷をする方法を試してみました。
f:id:ideale-misaki:20180801215707j:image松の実はローストして香ばしく、にんにくは軽く茹でて辛味や匂いを押さえます。あとは家にあったグラナパダーノ(パルミジャーノより熟成期間の短いタイプ)とクレタ島エキストラバージンオリーブオイル、黒胡椒、塩でミキサーにかけました。ミキサーの熱もバジルの緑色が褪色する原因になるので、気を付けながら回します。
f:id:ideale-misaki:20180801215728j:imageジェノベーゼソースがとても美味しく出来たので、早速シンプルにパスタに絡めて食べてみました‼️

めちゃくちゃ美味しい😋💕

何年か前に調子にのって冷製パスタにバジルを入れすぎて苦手になり、しばらくバジル恐怖症に陥っていましたが(笑)、このジェノベーゼでバジルの美味しさを再確認しました。

また新鮮なバジルを手に入れて沢山作りたいです🤗✨。

露地栽培の完熟トマト・嘉山農園7/16

f:id:ideale-misaki:20180717063759j:imageまた今年も露地栽培の真っ赤なトマトを求めて横須賀長井の嘉山農園まで行って来ました😆🍅。

今年は畑のボランティア仲間と3人で葉山のイタリアンでランチをしてから、バスでのんびりプチ女子旅です🚎。

今年は完熟トマトA品1キロ、B品4キロを買いました。

他に南瓜も持たせてもらって、帰り道はみんな両手いっぱい重たかったですが、美味しい野菜の為なら頑張れます😂👍。

帰ってからまだ冷えてないトマトを丸かじりしてみましたが、やっぱり美味しい🤗💕。

f:id:ideale-misaki:20180718064956j:image今年作ってお気に入りのマリナーラ。冷凍ストック出来るので、作っておくと美味しいパスタがすぐ食べられます😋👍。

あと一緒に行ったお友達から教わったトマト醤にも初挑戦❗
f:id:ideale-misaki:20180722223711j:image
普段辛いものをそれほど食べない私にはちょっと辛かったですが、にんにくが効いたトマトと豆板醤バッチリ合います🤗‼️新しい食べ方を知ると嬉しいですね😋。

杏子のコンフィチュール


f:id:ideale-misaki:20180719064524j:image杏子のコンフィチュールをイタリアの保存食の本を参考にして作ってみました。

先ずは杏子の種を取って、2日程度天日干しにして甘さを引き出します。
f:id:ideale-misaki:20180719064547j:image杏子に砂糖をまぶして一晩おいて果物の水分を出してから水、レモン果皮1片を入れて30分程度煮込みます。
f:id:ideale-misaki:20180719064618j:image果物を天日干ししてからコンフィチュールにするのは初めてでしたが、杏子を干す前のちょっと物足りない味が干した後ではぐっと甘さが増して美味しくなってました。果肉の表面は少し黒っぽくなりましたが、コンフィチュールにしてしまえば気にならない程度です。

今年は梅雨明けが早かったので、天日干しが出来ましたが出来ない時はオーブンで低温乾燥させても良いそう。また来年も作ってみたいです👍

新にんにくの仕込み・その1

f:id:ideale-misaki:20180714195108j:image2年ぶりに新にんにくを青森から取り寄せて、にんにくの醤油漬けを作りました。
f:id:ideale-misaki:20180714195120j:image先ずは皮を向いてお酢に浸けて冷蔵庫に。最初にお酢に浸けることで辛味と臭みが抜けマイルドになります。
f:id:ideale-misaki:20180714195135j:image半年寝かせておいたら酢を切って醤油に浸けるだけです。

浸けた後のお酢もお料理に使えるみたいで、今までは捨ててしまったのですが、今回からは色々試してみようと思います😋。

醤油に浸けたものは1ヶ月くらいでお料理に使えます。このお醤油とにんにくを少し加えて肉じゃがをつくったり、炒めものに使ったり、鰹のお刺身ににんにくを薄ーくスライスして乗せて食べると美味しいです😏👍。

このレシピで新にんにくの醤油漬けにするのは3回目です。今回も出来上がりが楽しみです✨。